カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウォーキングを始めよう!

ウォーキングを始めよう

ウォーキングは健康維持、増進にとっても有効なんですよ!
もちろん、そのほかの運動も効果的ですが、何といっても
ウォーキングは体のへの負担が小さいので、いろんな年代の
方におすすめできます。

無理なく、そして楽しみながらウォーキングをして体作りを
して行きましょう。
日々のウォーキングが生活習慣病、三大疾病の予防に繋がります。

蝉の鳴き声が聞こえ始めると、余りの暑さに外に出るのが嫌になってきますよね。

ですが夏の暑い時期でも、ウォーキングを楽しんでいる人もいます。

ウォーキングを日課としている人は、一番暑くなる日中は避けますが、いくら涼しい時間帯(早朝や夕方等)にウォーキングをしても夏の日差しを甘く見ては駄目です。

特に夏場は、熱中症や日焼け等から体を守る工夫が必要です。

まず軽くてゆったりめのデザインの服装にします。

理由は簡単です。体の熱を放出させて汗の蒸発をし易くする為です。

夏場はピッタリとした服装よりも、少しゆとりのある服装の方が涼しかったりしませんか?

それと同じです。

なら上に着るのは首周りがゆったりとした丸首の...と思われるかもしれませんが、首は思った以上に日焼けします。

襟付きのシャツを着て日焼け防止の為に襟を立てるか、首にタオル等を巻くというのもいいでしょう。

私だったらタオルを首にかけて日焼け防止しながら汗もふく...という使い方をしますけど、水を含ませる事でひんやりとした感じを得る事が出来るバンダナも市販されているそうです。

これを利用してみてもいいと思います。

次に下に履くパンツですが、普段日焼けをしない人は、半ズボンは履かないほうがいいですよ。

私もあんまり気にした事がなかったのですが、膝の裏側が自分が思ってない以上に日焼けをしている時があります。

流石に暑い時期にウォーキングをしながら長ズボン...は暑いと思うので、なるべく丈の長いズボンにした方がよいでしょう。

他にも着る服の素材にこだわって、吸水性・発散性・通気性の良い物を選ぶといいですよ。

今はUV効果のある洋服も市販されているので、ウォーキンググッズとして用意しておくのもいいですね。

後は帽子も忘れずに準備しましょう。

ウォーキングの後は、水分補給と酵素補給

ウォーキングで失った水分はしっかり補給しましょう。失った水分を取り戻すだけでなく水分を十分摂ることはダイエットに繋がるからです。

さらに腸を元気にするために酵素を摂るのも良いです。酵素は納豆やキムチなどの発酵食品や大根をすりおろしたものから摂ることができます。また、酵素ドリンクなども発売されているのでそれを利用しても良いでしょう。中でもお嬢様酵素は人気があります。こちらのサイトではお嬢様酵素の効果をレビューしていますよ。